防災リュックは「5年保証、問合せ対応」が付くDefendがオススメ!

Defend-Future セット内容

防災リュックを選ぶなら、5年保証、問合せ対応が付く「Defend-Future」がオススメです。
他の商品との違いや、オススメポイントをご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ついつい先延ばしにしている防災準備

備えは大事だと思っていても、ついつい先延ばしになってしまいがち…。

実は、防災グッズの備蓄保管をしている方は65.5%です<2015年 ソフトブレーン・フィールド調査>。特に東日本大震災で被災した東北・関東は70.5%にのぼります。

せっかく気になった「今」を大切にして、家族を守るために備えを見直してはいかがでしょうか。

  • 自身の家族のために
  • 一人暮らしの息子さんや娘さんへ
  • 田舎で暮らす両親へ

離れて暮らす家族にプレゼントすることで、普段は言いにくい「想い」が伝わると思います♪

ハート

オススメの防災グッズは必要な物が揃った防災リュック

防災への備えとして、懐中電灯やペットボトルの水を備蓄したりしているご家庭も多いと思います。

小規模な停電や災害であれば、持ちこたえる事ができると思いますが、東日本大震災のような大規模災害に見舞われると、しっかりした備えが必要になります。

必要なものを買い揃えていくより、必要なものが揃っている防災セットを買って、足りないものを足していく方が効率的です。

防災リュックにも色々なものが販売されていますが、中でもオススメなのが「Defend-Future」。オススメポイントをご紹介します。

Defend-Futureのおすすめポイント

Defend-Futureは、数ある防災リュックと決定的に違うのが、5年保証付きで、問い合わせ対応が付いている点です。また、防災士が厳選した防災グッズが収納されているため安心です。

5年保証付き

Defend-Futureは、購入日より5年間の保証が付き。これは他の防災リュックにはない特典です。

maintenance

ラジオ、ライトなどの電気機器は壊れる可能性があるため、5年間の長期保証があるのは心強いです。

※当然ですが、食品・飲料は対象外です

問合せができる

Defend-Futureの発売元のディフェンド社は、防災士免許者が常駐しています。

operator

そして、不明点があれば、電話などで問い合わせすることができます。

被災したことがない方にとって、防災グッズに関する疑問が湧くのは当然のこと。その疑問や不安をケアしてくれる姿勢は頼りになります。5年保証に加えて「売りっぱなしではない」ことが分かります。

常時、防災士が居ますので不明点などがありましたら、電話などでお問い合わせくださいませ。

出典 防災グッズ セット 通販専門店 DEFEND

他の防災リュックにはここまでの手厚いサポートは珍しいのではないでしょうか。

ダイナモLEDラジオライトが超便利!

収納されている「ダイナモLEDラジオライト」は、様々な機能が集約されていてコンパクト♪ これ一つあれば災害時に必要な電気機器を賄うことができる優れものです。
※ダイナモとは発電機能のことです

ダイナモLEDライト 利用例  ダイナモLEDライト 収納

ダイナモLEDラジオライトの機能

  • ソーラー充電
  • 手回し充電
  • スマホを充電できる(iPhone6s 対応)
  • LED懐中電灯
  • デスクライト
  • FMラジオ
  • 緊急サイレン

これらの機能が1つに収まっています!

懐中電灯や、ラジオを準備している方も多いかと思いますが「ダイナモLEDラジオライト」なら、ソーラー充電できて、スマホを充電することもできます。最新のiPhone6sやAndroidにも対応しています。

東日本大震災の時には、スマホが情報収集の頼みの綱となりました。大切な人との連絡手段となったスマホ。その充電機能は防災グッズに欠かせません。

沢山の機能が盛り込まれたダイナモLEDラジオライトなら、万が一の被災時だけでなく、ちょっとした停電時にも役立ちます。

ダイナモLEDライト 手動発電

他の防災リュックに収納されているライトやラジオと比べても質の違いは歴然です。

この、ダイナモLEDラジオライトを目当てに、買い替えを検討しても良いぐらいの価値があると思います。

いざという時に役立つ防災マニュアル付き

防災グッズは持っているだけでは役に立ちません。緊急時に役立つマニュアルが付属しているのは大事なポイントです。

いざという時に使い方が分からなかったら、宝の持ち腐れです。災害時にはインターネットで調べ物ができなくなる可能性があります。
建物に取り残された時、脱出するためのロープの結び方などが分からないと命取りになるかもしれません。

※マニュアルはPDFのため、印刷してリュックに収納しておきましょう。

マニュアルは100ページ以上のボリュームがあります。

  • 安否確認方法
  • ロープワーク
  • 応急手当の方法
  • 実際に被災された方から学ぶ教訓
  • 三角巾の使い方

これらは、一度は目にしたことがあると思いますが、いざ正しく使えるかというと…。普段やっていないため、手間取ったり分からないことも多いかもしれません。

正しい使い方や防災の知識が再確認できるという意味でも役に立ちます。

リュックは撥水加工がされていて、子供でも背負える重量

意外と見落とされがちなのが、防災リュック自体の撥水機能。

東日本大震災の時には雪が降っていました。雨の日に避難したらリュックの中身が濡れて使い物にならなかった…、なんて事を防ぐために撥水加工がされていると安心です。

また、重量も加味して厳選されたグッズのため、リュックの重さも4.2kgに抑えられています。小学校低学年のお子さんでも背負って避難することができます。

被災時には超距離の避難を強いられることになるかもしれません。他にも荷物を持ち運ぶことを考えると、防災リュックが軽ければ体力の消耗も防げます。

必要なものが揃ったセット

防災リュックの中身は、防災のプロである防災士が厳選した商品が詰まっています。

  • 必要なものが揃う
  • 3日間生き抜くための備え
  • 5年間保存可能・5年保証あり

これら必要な要件を満たしたセットになっています。

種別 内容物
防水加工リュック
電気
機器
ダイナモLEDライト・ラジオ
micro USBケーブル
Lightningケーブル
食料 5年保存水(500ml)×3
アルファ米×3
ウォータータンク
モーリアンヒートパックM(発熱剤3個入)
ラップ
避難 布製軍手
ホイッスル
ロープ
万能ナイフ
テープ
レインコート
レジャーシート
衛生 簡易トイレ(1回分×3)
歯ブラシ
医療 カット綿
絆創膏(大)
絆創膏(小)
綿棒
ピルケース
ウェットティッシュ
マスク
ポーチ
三角巾
包帯
防寒 アルミブランケット
使い捨てカイロ
エアーマット
情報 防災マニュアル(PDF)
ID用紙

※種別は目安としてお考え下さい。レインコートは防寒着としても使えたりします。

他の商品との比較

他の商品と比較しても、Defend-Futureの良さが分かると思います。

Defend-Future比較表

ご自身で、他の商品と比較する時には、以下の点に注目して比べてみて下さい。

  • 「ダイナモLEDラジオライト」より優れた電気機器か?
  • リュックは撥水・防水加工がされているか?
  • 5年の保証はついているか?
  • 問い合わせに対応してくれるか?
  • 防災マニュアルはついているか?

これらを満たす防災リュックはなかなかないと思います。

楽天で防災セット売上No.1を取得した実績あり

Defend-Futureは、楽天の防災セット売上No.1をとった実績があります。実際に売れている商品ということで安心できます。

Defend-Future 楽天ランキングNo.1

複数購入で割引されるのが嬉しい

防災リュックは1人分だけあっても役に立ちません。人数分の備えが必要となります。

食料や寝床となるエアーマットなどは人数分必要なことはもちろんですが、ダイナモLEDラジオライトも、それぞれが暗い道を歩いたり、避難所で夜にトイレに行ったりすることを考えると人数分必要です。

複数同時購入で割引価格になるので、まとめて購入するとお得です。

セット数 合計金額(税込) 1個あたりの金額 割引
1セット 13,800円 13,800円
2セット 27,600円 13,300円 1,000円OFF
3セット 38,900円 12,966円 2,500円OFF
4セット 51,200円 12,800円 4,000円OFF
5セット 63,500円 12,700円 5,500円OFF

※以降1つ追加ごとに1,500円割引

家族の安全のために、防災リュックを検討するのはいかがでしょうか。

Defend-Futureの販売ページを確認する

ブログランキング
少しはお役に立てたでしょうか。
ブログランキングに参加しています。バナーをクリックして応援をお願いします! にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

防災グッズを備えま専科の更新情報をFacebookに配信します。大切な人を守るために
いいねしてチェックしてみませんか♪