誤った防災グッズを揃えないために知っておくべき失敗談

NG

防災グッズを揃える時に注意すべきことがあります。

先人の失敗談を参考にして、正しい備えをするようにしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

銀色の非常持ち出し袋は役立つの?

よく見かける、銀色の非常持ち出し袋ですが、この形状にとらわれる必要はありません。
非常用持出袋 SW-070

銀色の非常持ち出し袋のメリット

  • 目立つので見つけやすい
  • 難燃素材で燃えにくい

住宅密集地や木造家屋に囲まれている場所なら二次災害の火災に備えて燃え難いというのはメリットなります。

ただし、

  • 鉄筋の燃えにくい住宅
  • 住宅密集地ではない
  • 火気(台所)ではなく玄関先に置く

ということであれば、難燃素材の力を発揮する場面が少ないかもしれません。

必ずしも「銀色の非常持ち出し袋」である必要はない

ということが言えます。

「銀色の非常持ち出し袋」のデメリットとして

  • 容量が少ない
  • 袋の中に仕切りがないので使いにくい
  • 背負えないため持ち運びにくい

などの使い勝手の悪さもあります。
火に対する危険が少ない環境であれば、普通のリュックでも問題ありません。

防災セットの中身が使い物にならない

防災セットとして売られているものが、万人にとって必要なものが入っているとは限りません。また、中身を確認しないと

  • 低価格に抑えるために、粗悪な品物が入っている
  • 実用性の低いグッズばかりで構成されている

なんて場合があります。

自分に必要な防災セットは何かを確認し、必要なものを揃えていく

ことが大事です。

たとえば、こんな品物ばかりだったら要注意です

  • ローソクは、火気厳禁の避難所では使えない
  • 質の悪いカンパン
  • タオルなどが薄っぺらくて使い物にならない
  • ロープが体重を支えられる質(最低でも12mm以上)ではない

携帯浄水器は都市部の河川では使えない?

防災グッズとして、水の確保のために浄水器が売っていたりします。

ただし、以下の注意点が必要です。

  • 水に溶けた洗剤、化学物質は除去できない
  • ストロー式の浄水器は、水を飲むための型状なので、濾過した水を様々な用途に使うことができない
  • 河川の水や、お風呂の水を浄水したが、水道水の基準に満たない粗悪品もある

ということがあります。

そのため

都市部の河川では浄水器はほとんど使えない

と考えておいたほうが良さそうです。

都市部の川

サバイバルグッズは防災グッズとしては不便なことも

コンパクトでデザインも良く、携帯できるサバイバルグッズがありますが、防災グッズとしては使いにくいものも多いため注意が必要です。

  • ファイヤースターター(火打ち石)より使い捨てライター
  • ワイヤーソー(ワイヤー状のノコギリ)では瓦礫を切るのに時間がかかりすぎる

サバイバルグッズは、アイデア品も多くて持っているとカッコ良いのですが、被災時の防災グッズとしての利便性を考えて、最適な選択肢か確認すると良いと思います。

primeexpress ポケットに入る チェーンソー ワイヤーソー アウトドア キャンプ 登山 いざという時の災害緊急用 板も棒も簡単に切れる!! マグネシウムファイヤースターター 火打石 (レッド)

ブログランキング
少しはお役に立てたでしょうか。
ブログランキングに参加しています。バナーをクリックして応援をお願いします! にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

防災グッズを備えま専科の更新情報をFacebookに配信します。大切な人を守るために
いいねしてチェックしてみませんか♪