火災保険は見直すことが大事! 最適な補償額は年々変化する

火災保険の見直し

火災保険は、一度入ってしまうと見直す機会が少ないのですが、タイミングを見て見直すことが大事です。

最適な補償で契約することで、保険料を抑えることができ、十分な補償を受け取ることができます。

火災保険を見直すメリット・ポイントをご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

火災保険を見直すメリット

火災保険は、5年~10年などの長期で契約している方も多いはず。

加入時に選んだ火災保険の内容が、現在も最適だとは限りません。

保険内容を見直すことで、

「払い過ぎ」を防ぐ

ことができ、それだけではなく

補償が足りない事態を防ぐ

ことができます。

見直しのタイミング

保険を見直すタイミングをご紹介します。

最初にまとめると以下の変化が起こった時に火災保険の内容を見直すと良いです。

  • 建物の評価額
  • 家財の入れ替わり
  • リフォームしたり、セコムに加入した
  • 喫煙者がいなくなった
  • 自然災害リスクの変化

それぞれ、ご紹介します。

建物の評価額が変わっている

火災保険は、建物の評価額に合わせて見直すことが大事です。

  • 建物の評価額が下がれば、保険料が下がる
  • 建物の評価額以上の保険を掛けても無駄になる

ということから、

今現在の建物の評価額に合わせて保険を掛けるのがベスト

です。

実際に支払われる保険金額は、今現在の評価額をもとした実損額から計算されます。その際、契約時の支払い金額が上限になります。全損の場合でも、契約時の額面の金額が支払われない可能性があるんです…。

そのため、保険金を多く掛けていると、無駄になってしまいます。

逆に、都市開発などで、マンションの時価が高騰している場合は、見直さないと、必要な保険金が支払われない事が考えられます。

家財の入れ替わり

家財道具の増減がある場合は、保険金額を見直すと良いです。

  • 趣味で高額な家財を収集するようになった
  • 断捨離で家財が少なくなった
  • 家族が巣立ったので、家財が減った

などの理由で、家財の増減がある場合は、保険料を見直すことで、適正な保険料にすることができます。

新婚当初は、家具などにこだわって高額な契約にしたけど、今ではこだわらなくなったという方なら保険金を下げることで、保険料を抑えることができます。

逆に、歳を重ねるごとに、良いものに囲まれたいと考えて、高級な家財を収集するようになったという方は、保険を見直したほうが良いかもしれません。

家財も適切な保険を掛けるのがベスト

リフォームした

家をリフォームして、オール電化にした場合も、火災保険の見直しのタイミングです。

火災保険の「オール電化割引」に該当する可能性があり、割引率も10%前後なので、馬鹿になりません♪

リフォームしたら忘れずに見直そう

ホームセキュリティー(セコム)に加入した

事業を始めたなどの理由で、セコムに加入したりしていませんか?

セコムに加入していると、最大約30%も割引になったりします。見直さないと損ですね♪

セコムに加入したら、必ず見直そう!

喫煙者がいなくなった

一緒に住んでいる家族がタバコを吸わない場合は、保険料が安くなる場合があります。

  • 喫煙者と同居しなくなった
  • 家族が禁煙した

などはありませんか?

最大で10%近く安くなるケースもあります。

喫煙者がいなくなったら保険を見直そう

自然災害のリスクの変化

地球温暖化の影響で、異常気象と呼ばれるようになりました。

以前は、リスクとして考えていなかった災害に備えて、保険内容を見直すタイミングかもしれません。

  • 局地的な豪雨が増えて、土砂崩れ、河川の氾濫の危険を感じるようになった
  • 自治体のハザードマップが見直されて、新たなリスクが見つかった

など、身に覚えがある地域にお住まいの方もいらっしゃると思います。

保険料は高くなるかもしれませんが、見直しておいたほうが、万が一の時に心強いです。

既存契約を解約したほうがお得かも

火災保険は、解約しても大きく損をする訳ではありません。

建物のように新築とそれ以外で大きく価値が違ってくるという訳ではないです。保険契約には中古という概念がありませんからね☆

解約時には、解約返戻金(未経過保険料)が戻ってきます。その金額は、経過年月によって計算されます。例えば、10年契約の火災保険を、5年経過後に解約すると50%近く戻ってきます。

期間に応じて妥当な解約払戻金が返ってくる

そのため、必ずしも解約すると損するわけではありません。

火災保険の見直しによって、適正な補償に切り替えていくほうがメリットが大きいです。

※解約返戻金(未経過保険料)は、保険会社によって異なるため、契約中の保険会社に問い合わせをしてみてください。

一括見積もりが便利

火災保険・地震保険の見直しをする時には、一括見積が便利です。

  • 一社だけの見積もりだと金額が妥当か分からない
  • 各社に見積もりしてもらうことで、補償内容を精査しやすくなる

ということから、複数社に見積もりをしてもらうのが賢い検討方法です。

保険の相談窓口に行くのも良いと思いますが、まずは自身でいつくか見積もりを取ってみて、目星をつけてから相談すると、窓口での話も早いです。窓口で取り扱っていない保険もありますし。

まずは、保険の内容・金額をザッと比較するために一括見積が便利

火災保険の一括見積もりサイトをいつくかご紹介します。

保険スクエアbang!
2016年度お客様満足度94%の一括見積もりサイト。見積もりできる保険会社は5社。

インズウェブ
最大10社に一括見積もりが出せるサイトです。

住宅本舗(イッカツ)
最大12社に見積もりが出せます。

参考 一括見積もりする時には、

  • 現在契約中の保険会社に見積もりが出せるサイト
  • 満足の高い保険スクエアbang!

あたりを使って、見積もりを出すと良いと思います。既存の契約とも比較できます。

ブログランキング
少しはお役に立てたでしょうか。
ブログランキングに参加しています。バナーをクリックして応援をお願いします! にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

防災グッズを備えま専科の更新情報をFacebookに配信します。大切な人を守るために
いいねしてチェックしてみませんか♪